レコーディングについて

今回のアルバム全てのエンジニアリングは森崇さん(BOSCO MUSIC)にお願いしました。
聴き返すたびに、本当にこの人にお願いしてよかったなぁ、森さんすごい!と思ってしまいます。

12/26 studio BOSCO
スタジオのピアノはYamaha Grand piano C1 (customized)
小さなピアノと適度な部屋の響きでとても豊かな音がします。
約6時間の録音では、オリジナル曲を中心に即興を少し。
1曲ずつ、ではなく流れの中で録っていきました。

12/27, 28 栗東さきら小ホール
ホールのピアノはFAZIOLI F278
この日は昨日録りこぼした曲と即興を沢山録っていく予定。
微妙なタッチと録音を聴きくらべながらようやく理想の質感へと。
その後はひたすら2日間かけて録音していきました。

本当に貴重な体験。
素晴らしい音で録って頂き、
今回真剣にレコーディングをしたことで、
自分が音に求めているものがはっきりしてきました。

ピアノの状態も素晴らしく、
とても繊細・敏感で、奥深さを実感しました。

その結果3日間で計128テイク、即興曲だけでも40曲近くできてしまいました。
そしてこのホールで録音した即興がなんとも言えない…
この場でしか生まれなかったようなものだったので、この即興中心のアルバムを作りたいと…
オリジナル曲中心のスタジオ録音、即興演奏中心のホール録音という2枚のアルバムを作る事に。
2枚組にしようか1枚ずつにしようか、別々なら同時発売か時期をずらすか、それならどちらが先かという事は悩みましたが、今のような形でようやく発表する事が出来ました。


Comments are Disabled