『草稿』

新しいCDができました。

『草稿』

演奏 hideyuki hashimoto
装画 花松あゆみ
意匠 ⻆谷 慶(Su-)
整音 甲田 徹
発行 紙片

収録 26曲 70分
価格 1,800円(税込)
10月16日 発売

View this post on Instagram

. . . hideyuki hashimotoさん(以下、橋本さん)と、『草稿』というCDをつくりました。ちょうどよくて、すごく好きなCDができたんです。 草稿 =花や木になる前の原稿、スケッチ . 『読書』というアルバムの制作中に ピアノと足踏みオルガンで響きとひらめきを スケッチするように録音した日常の記録。 音楽のある瞬間の完成を花や木に例えるなら その周りに育った本作を『草稿』とする。 風にゆれる草、光る水面のような小曲集。 演奏 hideyuki hashimoto 装画 花松あゆみ 意匠 ⻆谷 慶(Su-) 整音 甲田 徹 発行 紙片 感謝 幡野広志 門坂やすよ yatchi いろんなためいき えほんやるすばんばんするかいしゃ 収録 26曲 70分 価格 1,800円(税込) 10月15日 発売予定 . *通信販売は来月、幡野さんによる映像の発表と同じ頃に始める予定です。 *全国の販売店はまた追ってお知らせします。 . . このCDの始まりについて。 『読書』というCDを作りたい、と橋本さん、yatchiさん、いろんなためいきさんにお願いしたのが昨年の夏。 今年の春、皆さんから曲が届き始めた頃に橋本さんから「実はまだスケッチのように録音したのが80曲くらいあって、、」と驚きの連絡。 それを聴かせてもらったら、すごく良くてひとつにまとめたくなりました。 それが今回の『草稿』です。 まだまだ入りきらなかったのですが。 草稿のはじめの2曲は、僕が贈った本を読みながら弾いてくれた曲。「自然な音楽」というと大事なことが逃げてしまいそうですが、橋本さんが暮らしの中でピアノを弾くということは、とても自然なことのような気がしています。 . . なんだかたくさんCDを作っている気がするけど、まだこれが2枚目。 マスタリングまで終わった『読書』というCDは、楽しい遠回りのため春頃に発売予定です。 あと、今回のCDでは、前回の音楽集では手間と費用がかかりすぎてあまり出来なかった、置いてくださるお店の利益が出やすいように出来るだけしてみました。 いろんなお店に置いてもらえると嬉しいです。 お取扱をご検討してくださるお店には見本と条件を送りますので、 shihen.onomichi@gmail.com までご連絡ください。 音楽集を扱って下さっているお店には自動的に手動で送らせていただきますので、よろしければ聴いてみてください。 ではでは、草稿のお知らせでした。 . . . #紙片 #本と音楽紙片 #尾道 #hideyukihashimoto #草稿 日々 11〜19時 木曜定休 . .

A post shared by 本と音楽 紙片 (@shihen_onomichi) on

草稿
=花や木になる前の原稿、スケッチ
.
『読書』というアルバムの制作中に
ピアノと足踏みオルガンで響きとひらめきを
スケッチするように録音した日常の記録。
音楽のある瞬間の完成を花や木に例えるなら
その周りに育った本作を『草稿』とする。
風にゆれる草、光る水面のような小曲集。

(アルバムは)この日の録音に始まって
雨の日があったり
オルガンの日があったり

デザインのやり取りやマスタリングにも参加してみましたが、
みんなそれぞれ自由に楽しそうに作っているようで良かったな~と、
タイトル通りのとても自然な流れのアルバムができたように思います。

(アルバムの始まりについてはこちら…)

10月15日に紙片で発売されたあと、
しばらくはライブや色々なお店にて。
1ヶ月後ぐらいに通販が始まると思います。

配信や流通もない予定なので、いろいろなお店に置いてもらえたらうれしいです。
取り扱いを検討して頂けるお店などよろしければ紙片もしくはこちらまでご一報を…
今までCDを販売して頂いているお店には見本が揃い次第ご連絡予定です。
(ライブをできそうなところなどもありましたらそちらもぜひ~)

ゆっくりですが全国の販売店など、またお知らせします。

soukou

10.19 senkiyaさんのライブでも販売予定です。
(たくさんのご予約ありがとうございました!)

通販での予約販売をレーベルショップでも開始しました。
http://nlart.thebase.in

12月に東京でのライブを予定しています、(12.14になるかと…)
いま準備中でもうすぐ詳細をお知らせできると思います。